ランタン

キャンプ初心者にオススメのメインランタンは?ペトロマックスが難しい理由についても

デイキャンプなら不要ですが、宿泊キャンプをする際には必要となるランタン。

宿泊キャンプする際はサイト全体を照らすメインランタン、テント内やテーブルの上を照らす卓上ランタン、テント内を照らす室内ランタンなどが必要になります。

今回はサイト全体を照らすメインランタンについて解説していきたいと思います。

また、初心者キャンパーなのに見た目のかっこよさから購入、使用したオイルランタンのペトロマックスの失敗談についても紹介したいと思います。

キャンプ初心者にオススメのメインランタン

ランタンといってもLEDランタン、ガスランタン、ホワイガソリンランタン、オイルランタンといくつかの種類があり、キャンプ初心者にはどのランタンを選べばよいのかわかりません。

ランタンの種類と特徴をもとにどのランタンを選べばよいか紹介していきたいと思います。

ランタンの特徴一覧表

まずは私の経験をもとに各ランタンを特徴を比較した一覧表を紹介します。

この一覧表は私の経験をもとに作成されています。

使用される方によって感じ方に個人差があるので、参考としてご確認ください。

LED ガス ホワイガソリン
安全性
手軽さ
光量
燃焼時間
コスパ
メンテナンス (不要) ◯(一応不要) X(必要)

 

LEDランタン

初心者キャンパーだけでなく、小さいお子さんがいるファミリーキャンパーにオススメのなのはLEDランタンです。

LEDランタンの特徴として下記のような特徴があります。

LEDランタンの特徴
・安全性が高い
・お手軽
・テント内で使用できる
・持ち運び出来る
・充電が切れると使用できない

オススメポイント1:安全性

キャンプでLEDランタンの最大のメリットは安全性が高いということでしょう。

光源がLEDなので、LEDランタンを倒したりしたとしても火災になる原因はとても低いです。

また、LEDランタンの光源に触ったとしても熱は発していないのでやけどするリスクはありません。

お子さんが近くにいても安心なところが最大のメリットですね。

オススメポイント2:お手軽

安全性とほぼ同じぐらいLEDランタンのメリットであるのがお手軽ということです。

キャンプで初心者はテント設営やキャンプ道具などのセッティングに時間がかかります。

テントの設営、食事の準備に時間がかかったのにランタンも準備するのに時間がかかります。

ランタンの準備も意外と面倒ですが、LEDランタンであれば暗くなってきたらランタンをオンにし、光量調節レバーを調節すればすぐに意図した明かりにすることができます。

そうすれば夕食や団らんを楽しむ時間を増やすことができます。

また、LEDランタンは熱も発さないですし、軽いので、気軽に持ち歩いて、懐中電灯代わりに使うこともできます。

デメリット:充電が切れると使用できない

LEDランタンで唯一のデメリットとしては、充電が切れると使用できないことです。

一般的なLEDランタンはフル充電で最大4~5時間程度です。

そのため、LEDランタンを充電することが出来る蓄電池などを持っていかない限りは頑張って1晩しか使用できません。

ひどいと夕食後の団らんを楽しんでいる時に切れてしまうというデメリットがあります。

ガスランタン

LEDランタンに次ぐオススメランタンと言ったらガスランタンでしょう。

ガスランタンの特徴
・セッティングが楽
・光量調節できる
・燃料を他の道具と兼用できる
・安全性はLEDに劣る
・燃焼時間が短い

オススメポイント1:セッティングが楽

前述しましたが、キャンプの設営には時間がかかります。

ホワイガソリンランタン、オイルランタンも準備が必要で使用できるまでに時間がかかります。

しかし、ガスランタンはホワイガソリンランタンやオイルランタンよりもセッティングは楽ですし、火をつけるのも簡単で、火を付けた後はガスがなくならないか気にしていればよいくらいです。

ガスランタンもマントルの取り付けや空焼きは必要ですが、それが済んでしまえば後は火をつけるだけです。

途中でガスが消えたり、火が消えない限りは特にすることはありません。

セッティングが楽な上に、付けた後も楽です。

オススメポイント2:光量調節ができる

これは持っているガスランタンによるかもしれませんが、大半のガスランタンはガスの出力を強めれば光量は強くなり明るくなります。

太陽が沈み始めたころは少し暗めで、夕食時は明るく、夕食後の団らんの時はまた少し暗くしてまったりするなど調節することができます。

光量調節が出来るのはメリットですね。

オススメポイント3:燃料が他のキャンプ道具と兼用できる

ガスランタンと調理バーナーの燃料が同じ型(CB缶かOD缶)であれば兼用することができます。

キャンプ道具をへらすコツとして、燃料は同じものを持っていくというコツがあるので、燃料が兼用できるのは大きいですね。

私もガスランタンと調理バーナーは同じ燃料の型(CB缶)を使っています。

デメリット1:安全性はLEDに劣る

ガスランタンの安全性はLEDに劣ります。

ガスなのでテント内で使用できません。(一酸化中毒のリスクがあります)

また、熱を発するのでホヤ(光源を守る透明な枠)もとても熱くなります。

そのため、小さいお子さんの近くでは使用できませんし、LEDランタンのように持ち歩くのも危険です。

デメリット2:燃焼時間が短い

ガスランタンはストロング缶を使用しても最大5時間程度です。

なので一晩でガス缶1本を使用すると思ったほうが良いでしょう。

また、冬などの気温が低い環境下だと光量が弱くなったり、通常よりも燃焼時間が短くなったりすることもあります。

そのため予備のガス缶は必ず必要となります。

ホワイガソリンランタン

中級者キャンパーさんによく利用されているのがホワイガソリンランタンです。

キャンプ場でコールマンのホワイガソリンランタンを利用されている方をよく見かけます。

ホワイガソリンの特徴
・光量が明るい
・寒い環境下でも使用可能
・燃焼時間が長い
・セッティングが面倒
・ポンピングが面倒
・メンテナンスが必要

オススメポイント1:光量が明るい

LEDランタン、ガスランタンに比べると光量がとても明るいです!

ホワイガソリンランタン一つで自分のサイト全体を照らすことができます。

また、光量も調節出来るので、夕食時は明るく、団らんの時間になったら暗めにして、焚き火をしながら楽しむなどできますね。

オススメポイント2:寒い環境下でも使用可能

ガスランタンは寒い環境下では使用できても燃料がすぐ切れたり、光量が暗かったりしますが、ホワイガソリンは寒い環境下でも使用することができます。

というのもガスの性質上、耐寒性がそこまで強くないため長く利用できないですが、ホワイガソリンは耐寒性があるので、寒い環境下でも使用することができるので、明るい光量を放つことが出来るのです。

オススメポイント3:燃焼時間が長い

ホワイガソリンランタンは燃料を満タンに入れると約8~10時間点灯することができます。

連泊しても1回の燃料補充で十分対応することができます。

燃料に対するコスパはガスランタンよりも上です。

デメリット1:セッティングに時間がかかる。

ホワイガソリンランタンはセッティングに時間がかかります。

以下のような手順でセッティング、点火をします。

①ホワイガソリンを燃料タンクに入れる。

②ポンピングをする。(ポンピングがある程度固くなるまで)

②マントルを取り付ける

③マントルを空焼きする

④点火する

⑤火を安定させるためにポンピングする

※ポンピングは数時間おきにする。

テントを設営したら、明るいうちにホワイガソリンランタンの準備をしないと、暗くなってからではセッティングしずらいので必ず明るいうちに準備しておいたほうが良いです。

慣れていれば10分もかからず準備できますが、慣れてないと意外と時間がかかるので明るいうちに準備するようにしましょう。

デメリット2:ポンピングが面倒

ホワイガソリンランタン、オイルランタンには、LEDランタン、ガスランタンにはないポンピング作業というものがあります。

前述したようにポンピングはホワイガソリンランタンを点火するときだけでなく、灯火している途中でも数時間おきにする必要があります。

ランタンを使用しているとポンピングした空気の圧が減っていくのでまた圧を上げるためにポンピングをしなければならないのです。

このポンピング作業は人によりますね。

私はポンピング作業が面倒とは思わず、ランタンの醍醐味だと思っているのでポンピングは面倒だと思いません。

それも特に道具は使わず、手でポンピングをしています。

デメリット3:メンテナンスが必要

長年使っていたり、オフシーズンにはキャンプをしないという方はホワイガソリンランタンのメンテナンスが必要になります。

メンテナンスをしないと長く使用することができなかったり、途中で燃焼不良を起こしたりすることがあるので、ホワイガソリンランタンを使用される場合は必ずメンテナンスをするようにしましょう!

 

キャンプ初心者にペトロマックスは難しい理由


 

キャンプ初心者にあるあるなのですが(私もその一人だった)、意外とおしゃれキャンプを目指すんですよね!

男性は道具、女性はテントのインテリアや飾り物にこだわります。

私も初心者の時に見た目から入り、見た目のかっこよさから『ペトロマックス HK500』を購入しました。

このランタンはこれまで紹介してきたLEDランタン、ガスランタン、ホワイガソリンランタンとは違い「オイルランタン」です。

オイルランタンとは燃料に灯油を使うランタンで使い方はほぼホワイトガソリンランタンと同じですが、光量調節はできません。

一応、購入する前に徹底的に使い方や予備で持っておくパーツなども調べて用意したのですが、ペトロマックスのじゃじゃ馬ぶりには泣かされました。

ペトロマックスはちゃんと灯火出来ると下記のようなに明るく照らしてくれます。

サイト全体

ランタン自体

しかし、どこか不具合があってしっかり灯火できていないと、マントルから火が出たたり、暗くなったりしてしまいます。

ペトロマックスが難しい理由

ペトロマックスHK500をしっかり灯火できるようになるに各パーツの細かい調整が必要になります。

一部でも不具合があると最初は問題なく灯火できているのですが、酷いと最初から、大体は点火してから10分ぐらいで何かしらの症状が現れます。

「暗くなる」、「マントルが燃える」です。

私の失敗談として、上記2つの失敗の原因について説明していきます。

暗くなる

この現象は、最初は順調に点火して明るくて、うまくいったと思うのですが大体は10分ぐらい経過するとだんだんマントルが暗くなってくるのです。

この原因は、マントルの灯火によりミキシングチューブ周辺のパーツ熱せられ、膨張によりネジなどのパーツが緩んだことによりミキシングチューブが下がり、ニップルから噴出された気化した灯油と空気が適正な割合で混ざらなくなり正常にマントルを灯火させることができなくなるからです。

この問題解決には付属品の専用スパナ(よく見るとミキシングチューブの高さを合わせるメモリが着いている)を使ってミキシングチューブの高さを合わせて、しっかりネジ締めしておく必要があります。

マントルが燃える

マントルが燃えることも多々あります。

酷いとペトロマックスの上部から炎が出て大炎上することもります。

この現象も各パーツをチェックしていれば防げる原因なので対処することができます。

①プレヒート不足

灯油ランタンは燃料は液体です。

その灯油を燃料としてマントルを灯火を続けるには、灯油を気化させなければなりません。

灯油を気化させるには、燃料の通り道となるヴァポライザーを熱する必要があるのです。

そのヴァポライザーが十分に熱せられずに液体のまま、ミキシングチューブを通りマントルで燃えると炎上するわけです。

プレヒートは最低2分以上するようにしてください。

②クリーニングニードルが下がったままポンピングして点火

クリーニングニードルが下がったままポンピングしてしまうと、クリーニングニードルの箇所から灯油が漏れ出します。

その灯油がマントルに流れ出るので、灯油に引火して炎上となります。

ポンピングする際はクリーニングニードルが上がった状態でポンピング、点火するようにしてください。

③ニップルの摩耗、変形によるい炎上

ニップルが摩耗、変形していたりすると、その場所から燃料である灯油がもれ、その灯油に引火して炎上する場合があります。

ニップルが摩耗、変形した場合は、新しいパーツと交換するようにしてください。

その他、セラミックノズルに煤が溜まっていたり、質の悪い灯油を使ったりすると炎上することがあるようですが、パラフィンオイルを使うことで簡単に防げるのでパラフィンオイルを使用するようにしましょう。

 

ペトロマックスはこの他にも各パーツの締め忘れによる緩みだったり、空気圧の低下でちゃんと灯火しないことがあります。

このようにキャンプ初心者がキャンプに慣れないうちからペトロマックスHK500を使いこなすことは難しいわけです。

また、ペトロマックス個々によって個性があるようで上記で示したものと違う原因でうまく灯火しないことがあるようです。

ペトロマックス個々の個性を十分理解した上で、その個性にあった対応すること、付き合うことで自ずとしっかりと灯火してくれるようになります。

ペトロマックス購入してからしばらくはうまく灯火しないものと思って予備のランタンを持っていくと良いですよ!

まとめ

今回はキャンプ初心者にオススメのメインランタンはどれなのか、初心者にはペトロマックスを使いこなすのは難しい理由について紹介してきました。

キャンプに慣れるまではLEDランタン、ガスランタンを使用すると食事や団らん、焚き火をゆっくりすることができキャンプ自体を楽しめます。

最初はキャンプを楽しむことから始めて、キャンプの楽しみ方がわかってきてからペトロマックスなど個性のあるランタンや道具を使っていくことでキャンプレベルを上げていくようにしましょう。