ランタン

【ペトロマックスHK500】キャンプに必要なスペアパーツ!便利なグッズについても

キャンパー憧れのランタン、ペトロマックスHK500(PETROMAX HK500)。

数あるランタンの中でも一番格好良いと言っても過言ではありません。

格好良いけど、じゃじゃ馬で使い慣らすのが大変なランタンでもあります。

使い慣れないとマントルやクリーニングニードルを無駄に消耗してしまい、結局ペトロマックスHK500を使うことができなかったということも。

そうならないためにキャンプに予備として持っていくべきペトロマックスHK500の消耗品を紹介したいと思います。

キャンプに必要なペトロマックスHK500のスペアパーツ



キャンプサイトのメインランタンとしてペトロマックスHK500をキャンプ場に持っていく場合、たとえ1泊であっても消耗品の予備は必ず持っていったほうが良いです。

下記の一覧表は私の経験から予備重要度を決めています。

個人差はあると思うのでご自身の使用状況に合わせて持っていってもらえばよいと思います。

消耗品の名称 予備重要度
1 マントル
2 クリーニングニードル
3 ノズル
4 ガスチャンバー

 

各消耗品の説明

マントル

マントルとは、ランタンの光源となるもので、マントルを一度空焼きで炭化せたのち、再度マントルに点火してランタンを灯火させるものです。

マントルは空焼きする前は綿素材で、素材の中に硝酸トリウムと硝酸セリウムが含まれています。

マントルの空焼きで綿素材に含まれている硝酸トリウムと硝酸セリウムを酸化させたのち、火を付けるという仕組みでランタンは灯火しています。

マントルは一度炭化するともろく、振動や少し強く風があたっただけで崩れます。

そのためマントルの予備はいくつあっても良いです。

私は失敗した時のために1泊につき3つの予備を持っていくようにしています。


 

ペトロマックスHK500のマントルも数が増えると安くないので、私は価格の安い大王マントルを使っています。

ペトロマックスHK500の純正マントルが1枚あたり約400円なのに対して、大王マントルは1枚あたり約200円(大王マントルは1枚売りはしておらず大体6枚ぐらいからの販売)

なので気兼ねなくとまでは言えませんが、マントルの空焼きの失敗や崩れてしまっても安心です。


クリーニングニードル

クリーニングニードルは小さい部品ですが、非常に繊細な部品です。

クリーニングニードルの先端の針が折れ曲がってしまうとペトロマックスHK500は使用できなくなります。

そのため、クリーニングニードルの取り扱いに注意したほうが良いです。

クリーニングニードルが折れ曲がったままレバーを下げて灯油を出してしまうとニップルから灯油が漏れ出て、マントルが発光せずに黒くなってしまいます。

ペトロマックスHK500のセッティングや片付けの際にクリーニングニードルを折り曲げてしまわないように注意してください。

私は常に1つの予備は持っています。

できれば2つは準備しておくとよいでしょう。


ノズル

気化した灯油の噴出口でマントルの取り付け部分でもあるノズル。

ペトロマックスHK500の純正のノズルはセラミックでできています。

そのためペトロマックス灯火中に熱でノズルとガスチャンバーの接合部分が緩むと落ちて割れてしまうこともあります。

また、移動中になにかの拍子で破損してしまうこともあります。

そうなるとペトロマックスHK500を正常に使うことはできないので予備を持っていたほうが良いです。

私は1つは予備を持っていきます。

ノズルには純正のセラミックノズルとステンレスノズル(純正でないっぽい)があります。

ペトロマックスHK500を使い始めた頃は、ノズルが落下しても大丈夫なようにステンレスノズルを使っていたのですが、私の持っているペトロマックスHK500とは相性が悪く1時間~2時間ぐらいすると不具合がでるので、純正のセラミックノズルを使用するようにいています。

セラミックノズルを使用したほうがペトロマックスHK500の機嫌もよいですね。


ガスチャンバー

ガスチャンバーは、ミキシングチューブとノズルを結合するためのパーツです。

このパーツなしで、ミキシングチューブとノズルを結合しても良いんじゃないって思ったこともありましたが、ガスチャンバーの役割は高温となるノズルにより熱がミキシングチューブに移って、ミキシングチューブが変形しないようにするためのパーツだと気づいてやっぱり必要なんだと思うようになりました(笑)。

ガスチャンバーの予備はなくても良いのですが、私は念の為に1つは予備を持っていくようにしています。


ニップル

ニップルは灯油が通るヴァポライザーの上部の先端部分のネジのようなもののことです。

このニップルをなんどか締め増ししていると、ニップルが緩んでしっかりと閉まらくり、交換が必要になりまS。

ただニップルは定期的にメンテナンスをしていれば頻繁に交換する必要はないです。


便利なグッズ一覧

ここからはキャンプでペトロマックスHK500を使用する際にあると便利なグッズを紹介したいと思います。

下記の一覧表は私の経験から便利度を判断しています。

個人差はあると思うのでご自身の使用状況に合わせて持っていってもらえばよいと思います。

名称 便利度
1 灯油抜き取りポンプ
2 灯油ボトル
3 オイルカップ
4 空気入れ
5 エアーポンプアダプター

灯油抜き取りポンプ

私が個人的に「灯油抜き取りポンプ」と称していますが、コールマンの商品名は「残ガソリン抜き取りポンプ」です。

コールマンはホワイガソリンランタンなのでそのような名称なのでしょう。

灯油抜き取りポンプがとても便利です。

ペトロマックスHK500の燃油入れ口にポンプのゴムが着いたほうを取り付け、ポンピングするとポンプの反対側から灯油が出てきます。

便利なので必ず用意したほうが良いです。

というのもペトロマックスHK500を使用した後は毎回灯油をタンクから抜き取ったほうが良いからです。

ペトロマックスHK500の付属品には灯油を抜くためのポンプが入っていないので準備しおきましょう。


灯油入れボトル

灯油を抜く際に必要となる灯油入れボトル。

前述した「灯油抜き取りポンプ」とセットで「灯油入れボトル」も準備するようにしたほうが良いです。

なぜSOTOの「広口フューエルボトル700ml」がよいのかというと、このボトルの上部に700ml/24.3ozを示すラインがあります。

ペトロマックスHK500に燃油を入れる際も一度このボトルのラインのところまで入れてから、灯油をペトロマックスHK500のタンクに入れるとちょうどタンクの8分目ぐらいになるのです。

そのため灯油を保管するのみも、ペトロマックス灯油を入れるにも便利なグッズなのです。


オイルカップ

私は「オイルカップ」と呼んでいますが、コールマンでは「フューエルファネル」という名称だそうです。

このグッズはペトロマックスHK500のタンクを灯油を入れる際に使うものなのですが、ペトロマックスHK500を購入すると付属品としてついくる灯油を入れるためのジョウゴは小さく入れづらいです。

しかし、このオイルカップであればホコリやゴミなどの不純物を濾過して入れることができるうえに灯油も入れやすいです。

このオイルカップも持っていて損はないです!


空気入れ

ペトロマックスHK500に空気入れ?って思いましたか。

ペトロマックスHK500を点火/灯火するにはポンピングという空気を入れて圧縮する作業が必要です。

そのポンピングが面倒だと思う人は空気入れ(パナレーサーミニフロアポンプ[PANARACER MINI FLOOR PUMP])があったほうが良いです。

この空気入れがあるとポンピング30~50回の作業が10回ぐらいで終わります。

ポンピング作業は1回だけではなく、ペトロマックスHK500を使用している間にも必要になるので、ポンピングは疲れるし、面倒だと思った方は持っておいたほうが良いです。

ペトロマックスHK500を初めて使う時に必ず必要なものではないので、一度ポンピング作業がどんなものかわかってから購入しても遅くはありません。

私はポンピング作業は全然苦に思っていないので、空気入れ購入しなくても良かったかなと思っています。


アダプター

エアーポンプアダプターもポンピング作業が面倒だと思う方は持っておいたほうがよいグッズです。

このエアーポンプアダプターは、前述した空気入れを使って空気を入れるために必要なパーツです。

空気入れだけ買っても、このエアーポンプアダプターがないと空気入れを使って空気を入れることができないので注意してくださいね!


まとめ

今回はキャンプでペトロマックスHK500を使う際に予備を持っていくべき消耗品一覧とあると便利なグッズについて紹介してきました。

紹介した消耗品やグッズはキャンプを快適に過ごすためのもので、長く使うためのパーツの紹介ではないので注意してください。

ペトロマックスHK500を長く使用する場合はメンテナンスが必要となり、メンテナンスパーツまた別になります。

メンテナンスについてはまた別の記事で紹介したいと思います。